創立者プロフィール

Profile

創立者 飯塚毅 プロフィール

飯塚毅博士
創立者 飯塚毅博士

飯塚毅博士は大正7年(1918年)栃木県に生まれた。少年時代は運動会にも出られない虚弱児童だったが、16歳のときに植木義雄老師と出逢い、やがて坐禅で心身を鍛え、福島高等商業学校をトップで卒業し、東北帝国大学に進学。

昭和18年に応召され終戦を九州で迎えた。昭和21年飯塚毅会計事務所創業。欧米の会計書籍を渉猟し研究した結果、企業に赴き会計記録等の適法性、正確性等を検証し指導する「巡回監査」を開発。法律に準拠し不当な税務処分にはたびたび審査請求を行い当局の見解を覆す。ある日高級官吏の私怨をかい「飯塚事件」の当事者に。昭和45年11月の無罪判決まで約7年を戦い抜いた。(飯塚事件は『不撓不屈』<高杉良・新潮社>で小説化された)

昭和41年「職業会計人の職域防衛と運命打開」を目的に栃木県計算センター(TKC)を創設。さらに昭和46年、会計人集団TKC全国会結成。昭和55年の税理士法改正では、その第1条に「独立性」の文言を入れることに尽力した。

若くして見性を許された禅哲学の実践者であり、その真髄「自利トハ利他ヲイフ」の哲理を実践し、後進会計人など多くの人々を導いた。英・独語に堪能な比較税法研究家であり、日独比較税法の研究『正規の簿記の諸原則』で日本会計研究学会太田賞を受賞。昭和63年には中央大学から法学博士号を受ける。平成2年ニューヨーク大学に「飯塚毅-経済会計研究所」を設立。平成9年、TKC全国会会長職を松沢智博士に託し名誉会長に。平成16年11月23日自宅にて永眠。租税正義に捧げた86年の生涯をとじた。

飯塚毅博士アーカイブ

飯塚毅博士の年譜

年次 年齢 出来事
大正7年(1918年) 0歳 7月8日、栃木県鹿沼市に誕生。父・四朗、母・勝
昭和10年(1935年) 16歳 那須雲巖寺植木義雄老師と出逢う
昭和11年(1936年) 17歳 鹿沼農商学校を卒業
昭和14年(1939年) 20歳 福島高等商業学校を卒業
昭和15年(1940年) 22歳 日比学生会議に応募し、フィリピン、ファーイースタン大学に派遣
昭和16年(1941年) 23歳 雲巖寺、植木義雄老師から見性を許される
昭和18年(1943年) 24歳 東北帝国大学法文学部法科を繰り上げ卒業、陸軍に応召
昭和20年(1945年) 27歳 復員(陸軍少尉)
昭和21年(1946年) 27歳 飯塚毅会計事務所を開業
昭和37年(1962年) 44歳 第8回世界会計人会議(米国ニューヨーク)に日本代表で出席
昭和38年(1963年) 44歳 飯塚事件がおきる
昭和41年(1966年) 48歳 TKCを設立、代表取締役社長に就任
昭和45年(1970年) 52歳 飯塚事件結審、全員無罪
昭和46年(1971年) 53歳 TKC全国会を結成、会長に就任
昭和47年(1972年) 53歳 西ドイツのDATEV社を訪問
昭和53年(1978年) 60歳 西ドイツ連邦大蔵省で講演
昭和55年(1980年) 61歳 税理士法改正、第1条「独立した公正な立場」の法文化に貢献
昭和58年(1983年) 65歳 著書『正規の簿記の諸原則』出版(森山書店)株式会社TKC代表取締役会長に就任
昭和59年(1984年) 65歳 日本会計研究学会「太田賞」受賞
昭和62年(1987年) 68歳 Ph. D. の学位を授与される
昭和63年(1988年) 69歳 中央大学より法学博士の学位を授与される
平成2年(1990年) 72歳 ニューヨーク大学に「飯塚毅・TKC経済会計研究所」を設立
平成3年(1991年) 72歳 財団法人租税資料館を設立、理事長に就任ホルスト・ゲーレ著『ドイツ税理士法解説』を全訳(第一法規出版)
平成7年(1995年) 77歳 財団法人飯塚毅育英会設立
平成9年(1997年) 79歳 TKC全国会会長を退任し、名誉会長に就任
平成13年(2001年) 83歳 11月3日鹿沼市の名誉市民となる半生記『不撓不屈』(著者・高杉良氏)が「プレジデント」誌に連載開始
平成14年(2002年) 83歳 『不撓不屈』(新潮社)出版
平成16年(2004年) 86歳 11月23日自宅にて永眠