育英会への届出・報告

インターネットによる届出

 奨学生から育英会への報告及び各種届出は、インターネットを使っていつでも行うことができます。

育英会への届出・報告に際してのご注意

  1. 当サイトで入力いただいた奨学生等の個人情報は、公益財団法人飯塚毅育英会定款に規定する事業を行うために利用いたします。
  2. 奨学生が、ご本人、保護者等の個人情報について、開示、訂正、追加、削除及び利用停止を希望される場合は、下記の公益財団法人飯塚毅育英会(以下、本会という。)事務局まで電話(平日午前9時〜午後4時)又はE-mail:itsf@tkc.co.jpでお問い合わせください。
  3. 奨学生が入力された内容は、本会の個人情報保護方針に基づいて管理いたします。
  4. 本会の個人情報保護方針についてご同意の上、入力フォームへお進みください。

お問い合わせ
 〒320−8644
 栃木県宇都宮市鶴田町1758番地 株式会社TKC内
 公益財団法人 飯塚毅育英会事務局
 TEL:028-649-2121 FAX:028-648-0700  E-mail:itsf@tkc.co.jp

入力フォーム

  1. 届出・報告する入力フォームをクリックしてください。利用者IDとパスワードの入力画面が表示されます。
  2. 育英会事務局から郵送したIDとパスワードでログインしてください。
    パスワード変更手順パスワードを忘れたときの再設定手順
  3. 必要事項を入力後、「送信する」ボタンをクリックすると、育英会事務局へ報告や届出が送信できます。
大学奨学生へのお願い 入力サンプル 入力フォーム 別途郵送
■年度が終了したとき
 毎年4月初めから4月末日までに、前年度1年間の生活状況を報告してください。
 ここでは、1ヶ月平均のアルバイトの金額、生活費等を入力します。なお、前年度分が証明されている成績証明書を別途郵送してください。在学証明書の提出は不要です。この報告を怠ると、奨学金給付規程第13条第2項に基づき、大学奨学金の給付は停止される場合があります。なお、奨学生本人の住所・通学区分・メールアドレス等や保護者の欄の変更がある場合は、別様式「変更届」も提出してください。
PDF形式 3月末報告書
(旧:生活状況報告書)
  • 成績証明書
■入学したとき
 ここでは、入学した大学名、大学入学後の住所等を入力します。なお、在学証明書は別途郵送してください。
PDF形式 入学届
  • 在学証明書
■入学準備金の給付を希望するとき
 ここでは、入学準備金給付の申請理由等を入します。また、願書提出時より世帯に変更があった場合は、住民票を別途郵送してください。願書提出時から4月1日までに世帯に変更がない場合は、住民票の郵送は不要です。
PDF形式 入学準備金給付申請書
  • 住民票
    (※世帯に変更があった場合)
■卒業(修了)したとき
 ここでは、卒業(修了)年月日等を入力します。なお、大学が発行する成績証明書及び卒業(修了)証明書を別途郵送してください。
PDF形式 卒業(修了)届
  • 成績証明書
  • 卒業(修了)証明書
■本人の住所、電話番号、メールアドレス等を変更したとき
■保護者の住所、氏名、電話番号を変更したとき
■転部・転科したとき
■保証人を変更、又は保証人の住所、電話番号その他身上に関する事項に異動が生じたとき
 ここでは、上記事項に変更があった場合の変更事項を入力します。変更箇所と変更理由のみ入力してください。
PDF形式 変更届  
■休学又は長期欠席をするとき
 ここでは、休学するとき又は単位修得、進級・進学、卒業・修了等に支障を来すことが予想される長期の欠席をするときは、休学期間を入力します。届出の期間、給付を一時停止します。復学届及び復学許可証明書を受理して、給付を再開します。
PDF形式 休学・長期欠席届
  • 休学(長期欠席)許可
    証明書
■退学、停学、留年したとき
 ここでは、退学・停学・留年した年月日等を入力します。なお、退学したときは、大学が発行する退学許可証明書を別途郵送してください。届出が遅れたときは、奨学金の一部返還を求める場合があります。停学・留年したときは、届出及び成績証明書を確認し、本人確認の上、奨学金の給付を停止します。
PDF形式 退学(停学・留年)届
  • 退学許可証明書
■復学したとき
 ここでは、復学する日等を入力します。なお、大学が発行する復学許可証明書を別途郵送してください。届出及び復学許可証明書を受理して、奨学金の給付を再開します。
PDF形式 復学届
  • 復学許可証明書
■大学奨学金の給付期間の延長を希望するとき
 ここでは、在籍大学、申請理由、保証人氏名等を入力します。医学部・薬学部・獣医学部等6年制の学部・学科に在籍する方や5年制課程等入学時に4年を超える修学期間が定められている方が該当します。(申請:4月末まで)
PDF形式 大学奨学金給付延長申請書
  • 在学証明書
■奨学金の給付を辞退するとき
 ここでは、辞退の理由等を入力します。届出の内容を精査し、奨学金の給付を終了します。退学による給付辞退の場合は、別様式「退学届」と併せて提出してください。なお、大学が発行する退学許可証明書を別途郵送してください。
PDF形式 奨学金給付辞退届
  • 退学許可証明書
    (※退学による給付辞退
    の場合)
■留学するとき
 ここでは、留学の目的・研究テーマ、留学先の大学等を入力します。留学期間中に休学する場合は、別様式「休学・長期欠席届」と併せて提出してください。なお、大学が発行する休学許可証明書を別途郵送してください。留学により休学する場合や卒業延期となる場合は、大学奨学金の給付を一時停止することがあります。
PDF形式 留学届
(大学奨学生用)
  • 休学(長期欠席)許可
    証明書
    (※休学する場合のみ)
海外留学支援奨学生へのお願い 入力サンプル 入力フォーム 別途郵送
■留学するとき
 ここでは、留学の目的・研究テーマ、留学先の大学、留学中の連絡先(電話番号、メールアドレス)等を入力します。
PDF形式 留学届
(海外留学支援奨学生用)
 
■留学を終了したとき
 ここでは、留学の成果・反省等を入力します。別様式「3月末報告書」と併せて提出してください。なお、帰国後2ヶ月以内に、育英会事務局に帰国報告に来会していただきます。その際に、成績表(原本)を提出してください。留学(研究)報告書、留学体験記等は、帰国報告までにメールで添付してお送りください。
PDF形式 海外留学終了届  
PDF形式 3月末報告書
(旧:生活状況報告書)
■海外留学支援奨学金の給付期間の延長を希望するとき
 海外留学支援奨学生である(あった)者が、延長(継続)して、または再度海外留学支援奨学生に応募する場合に提出してください。
 様式「海外留学支援奨学金給付延長願」では、延長後の在籍予定期間等を入力します。様式「海外留学中間報告書」では、留学1年目の成果・反省等を入力します。なお、成績表(原本)、留学の成果を示す書類、指導教官推薦書を別途郵送してください。また、別の大学(大学院)に延長希望する場合は修了証も併せて郵送してください。初回同様、選考(第一次及び第二次)が行われます。事前に事務局との連携を密にしてください。
PDF形式 海外留学支援奨学金
給付期間延長願
  • 成績表(原本)
  • 留学の成果を示す書類
  • 指導教官推薦書
  • 修了証
    (※ただし同一大学に
    延長希望する場合は
    提出は不要です。)
PDF形式
海外留学中間報告書
■海外留学支援奨学金の給付種別の変更を希望するとき(例:学部生⇒大学院修士課程1年次)
 海外留学支援奨学生である(あった)者が、延長(継続)して、または再度海外留学支援奨学生に応募する場合に提出してください。
 ここでは海外留学支援奨学金の給付期間延長を希望し、さらに奨学金の給付種別の変更を希望する場合に、変更希望、研究テーマ等を入力します。別様式「海外留学支援奨学金給付延長願」及び「海外留学中間報告書」も併せて提出してください。なお、成績表(原本)、留学の成果を示す書類、指導教官推薦書を別途郵送してください。
PDF形式 海外留学支援奨学金
給付種別変更願
  • 成績表(原本)
  • 留学の成果を示す書類
  • 指導教官推薦書
PDF形式 海外留学支援奨学金
給付期間延長願
PDF形式
海外留学中間報告書

証明書等の郵送先
 〒320−8644
 栃木県宇都宮市鶴田町1758番地 株式会社TKC内
 公益財団法人 飯塚毅育英会事務局
 TEL:028-649-2121 FAX:028-648-0700  E-mail:itsf@tkc.co.jp

飯塚毅育英会トップへ

公益財団法人飯塚毅育英会個人情報保護規程