応募から給付まで

平成29年度海外留学支援奨学生の募集は終了しました。

毎年12月上旬までに、栃木県内の高等学校及び特別支援学校高等部並びに4年制以上の大学に次年度採用の奨学生募集要項と応募に必要な書類をお送りするとともに、このホームページに掲載します。
次の項目をクリックしますと、開くことができます。なお、不明な点がありましたら、直接本会にお問い合せください。

公益財団法人飯塚毅育英会奨学金給付規程
平成30年度大学奨学生[第23期生]募集要項(一般)
平成30年度大学奨学生[第23期生]募集要項(被災者支援)
平成30年度大学奨学生[第23期生]募集要項(外国人留学生)

1月下旬頃〜2月上旬頃(年度により変わりますのでご注意ください)、応募書類及び課題小論文を各高等学校、特別支援学校及び大学を通じて提出していただきます。

応募用紙

提出書類と課題小論文により第1次選考を行い、結果を3月中旬までに本人及び学校に通知します。

3月中旬に面接による第2次選考を行います。

入学する大学を確認した上で奨学生採用者を決定し、3月末日までに学校と本人に通知します。

新規採用が決まった奨学生の皆さんとご家族の方には、本会主催の奨学証書授与式に出席していただきます。なお、奨学証書授与式の開催日は、3月下旬又は4月上旬に予定しています。

奨学証書授与式当日、当育英会の指定する銀行に奨学生本人名義の口座を開設するための手続きをしていただきます。また、4月末日までに誓約書及び大学入学後の在学証明書を提出していただきます。なお、自宅外通学者は、自宅外通学であることを証するため、異動先の住民票又は下宿等の賃貸契約書(写し)等を添付していただきます。

平成30年度からの新規採用者にかかる奨学金は月額45,000円(自宅通学者は30,000円)で、5月、7月、10月、1月の各指定する日に3ヵ月分ずつまとめて銀行振込により給付します。また、新規採用年度の4月1日現在、ひとり親家庭又はそれに準ずる境遇にあるものにあっては、入学準備金として一時金100,000円を上限として給付します。振り込まれた奨学金は、カードにより全国どこの銀行からでも引き出すことができますが、その際の手数料は本人負担となります。

毎年度終了後4月末日までに生活状況報告書、在学証明書(卒業時には、卒業証明書)及び学業成績証明書を本会に提出していただきます。

公益財団法人飯塚毅育英会奨学金給付規程

PDF形式のファイルを閲覧する場合は、SkyPDF®Viewerが必要です。
SkyPDF®Viewerは、次のアイコンから無料でダウンロード頂けます。

SkyPDF Viewerのダウンロード
飯塚毅育英会トップへ