飯塚毅育英会の概要

名称
 公益財団法人飯塚毅育英会
(ITSF:Iizuka Takeshi Scholarship Foundation)

設立年月日
 平成7年12月1日  詳しい「あゆみ」はこちらへ

事務所
 栃木県宇都宮市鶴田町1758番地 (株)TKC内 
 TEL 028-649-2121 FAX 028-649-1103

目的
 学業が優れ、かつ、健全な心身と高い志を持ちながらも、経済的支援を必要とする栃木県内の高等学校及び特別支援学校高等部を卒業した大学生及び栃木県内の大学・大学院に学ぶ外国人留学生に対して資金援助を行い、将来社会に貢献し得る有為な人材を育成することを目的としています。

事業
上記の目的を達成するため、次の事業を行います。
 (1) 奨学金の給付
 (2) 奨学金の給付を受ける学生の補導
 (3) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

財産及び資金
 基本財産は、設立者飯塚毅氏ご夫妻より寄附されました現金10億円及び株式365万株と、株式会社TKCの元副社長飯恬e晟(かずあき)氏からの遺贈による株式10万株、並びにTKC全国会の会員の方々からの寄附による株式2,400株(株式会社TKC株式総数3,752,400株)及び田上美智子氏より寄附された東京ラインプリンタ印刷株式会社株式26,000株であります。事業に必要な経費は、預金利子及び株式配当金からなる運用財産で支弁します。

奨学金の種類及び給付額
 奨学金制度には、大学奨学金及び海外留学支援奨学金の2種類の制度があります。
 なお、大学奨学金制度には、一般奨学生(栃木県内の高等学校又は特別支援学校高等部の新卒者を募集対象とする)と外国人留学生並びに東日本大震災被災者支援奨学生があります。
 大学奨学金は自宅通学者月額30,000円(年額360,000円)、自宅外通学者月額45,000円(年額540,000円)です。また、新規採用年度の4月1日現在で、ひとり親家庭又はそれに準ずる境遇にあるものにあっては、入学準備金として一時金100,000円を上限として給付します。
 海外留学支援奨学金は大学生(3年次以上)年額460,000円、大学院修士課程及び博士課程1・2年次年額660,000円、大学院博士課程3年次以上年額860,000円です。

奨学金の給付期間
(1) 大学奨学金の給付期間は、大学の正規の修学期間を越えない範囲とします。ただし、外国人留学生に限り、大学院の修学期間は、大学の正規の修学期間に含めるものとします。なお、大学奨学金の給付は、大学奨学金の給付を受ける者の年齢が満30歳に達する年度までとします。
(2) 海外留学支援奨学金の給付は、原則として1年とします。なお、留学期間が2年程度以上の場合は、更に1年間の給付延長を申請することができます。ただし、30歳に達する年度までとします。

奨学金の返還
 奨学金は給付ですので、返還を要しません。

奨学生への応募資格
 大学奨学生は、次年度大学進学を希望している栃木県内の高等学校又は特別支援学校高等部を卒業見込みの者、又は栃木県内の大学・大学院に学ぶ外国人留学生。
 海外留学支援奨学生は、海外の大学又は大学院に1年程度以上の期間、研究を目的に留学することが決定又は内定している栃木県内の高等学校又は特別支援学校高等部を卒業した大学生(3年次以上)又は大学院生。

奨学生募集要項(一般)  奨学生募集要項(外国人留学生)
奨学生募集要項(東日本大震災被災者支援特別奨学生) 海外留学支援奨学生募集要項

大学奨学生応募者・採用者数と奨学金給付額 ( )内の数字は外国人留学生(内数)

年度 応募者数
(人)
新規
採用者数
(人)
奨学生数
(人)
奨学生総数
(人)
奨学金給付額
(千円)
奨学金給付
累計額
(千円)
1996 32(2) 20(2) 20(2) 20(2) 5,970 5,970
1997 99(3) 42(2) 59(2) 62(4) 18,900 24,870
1998 82(3) 41(1) 97(2) 103(5) 32,010 56,880
1999 98(4) 33(1) 126(3) 136(6) 41,690 98,570
2000 91(7) 31(3) 139(4) 167(9) 46,650 14,5220
2001 86(13) 40(4) 141(5) 207(13) 47,380 192,600
2002 116(21) 42(4) 145(8) 249(17) 48,840 241,440
2003 124(29) 50(6) 160(12) 299(23) 52,850 294,290
2004 182(36) 60(5) 189(17) 359(28) 64,120 358,410
2005 158(21) 70(5) 214(12) 429(33) 71,910 430,320
2006 215(20) 75(4) 248(11) 504(37) 83,100 513,420
2007 189(12) 100(4) 294(6) 604(41) 97,260 610,680
2008 223(21) 104(3) 340(4) 708(44) 112,950 723,630
2009 270(15) 115(4) 387(8) 823(48) 128,090 851,720
2010 293(15) 120(4) 428(7) 943(52) 139,290 991,010
2011 278(20) 101(2) 432(6) 1,044(54) 141,900 1,132,910
2012 277(16) 105(2) 437(6) 1,149(56) 142,980 1,275,890
2013 280(7) 106(2) 427(2) 1,255(58) 139,530 1,415,420
2014 271(17) 106(3) 410(4) 1,361(61) 133,890 1,549,310
2015 252(12) 102(2) 408(4) 1,463(63) 152,325 1,701,635
2016 355(19) 129(3) 449(6) 1,592(66) 176,605 1,878,240
2017 346(16) 135(4) 479(6) 1,727(70) 208,640 2,086,880

海外留学支援奨学生採用者数と奨学金給付額

年度 応募者数
(人)
新規
採用者数
(人)
奨学生数
(人)
奨学生総数
(人)
奨学金給付額
(千円)
奨学金給付
累計額
(千円)
2003 12 10 10 10 4,680 4,680
2004 11 10 13 20 7,560 12,240
2005 10 10 14 30 8,640 20,880
2006 12 8 8 38 3,600 24,480
2007 11 11 12 49 6,480 30,960
2008 9 9 13 58 7,200 38,160
2009 6 4 7 62 4,000 42,160
2010 7 7 7 69 3,200 45,360
2011 12 8 10 77 4,800 50,160
2012 10 7 9 84 4,600 54,760
2013 14 9 9 93 4,200 58,960
2014 17 12 14 105 6,200 65,160
2015 7 6 6 111 3,160 68,320
2016 11 10 11 121 6,260 74,580
2017 12 12 15 133 9,300 83,880
飯塚毅育英会トップへ